年頭のご挨拶

あけましておめでとうございます。
昨年はコロナ禍が収束したとは言えない中でロシアによるウクライナへの軍事進攻など、良くないニュースが続きましたが、
一方でこれらは私たち生活者の価値観や行動に大きな変化をもたらしていると思います。
家族一緒に過ごす時間や、何気ない日常の平穏こそ幸せである、という気づき。物質的なわかりやすい豊かさではなく、
一人一人が異なる多様な幸せを求めていいのだ、という考え方。私たち広告業界は、昭和や平成の頃とは付加価値・
ブランディングの概念が変わっていると認識し、これらの変化に対応していく必要があるでしょう。
我々が先導して社会をより明るく、より良い方向に変えていく、生活者の幸せのために尽力することができる。
それが私たちのパーパスであるという志を持ち、2023年も皆様と一緒に頑張っていきたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

幹事長 宮武康太郎
株式会社 電通

幹事長 宮武康太郎

年頭所感

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
ドラゴンズ、ファン期待の立浪監督を迎えて挑んだ1年目は残念な結果でシーズンを終えたのですが、オフの積極的な行動には驚かされました。 トレードには賛否あるところですが、現状を変えなければという強い意志を感じました。
ソーシャルメディアの浸透、デジタルテクノロジーの進化など、広告業界も取り巻く環境や役割が変わったと言われて久しいところですが、変化するための行動を起こそうとする気持ちが大切ではないかと感じます。
変化を恐れず飛躍の呼び水としたいものです。本年もよろしくお願いします。

副幹事長 川村晃司
株式会社 三晃社 代表取締役社長

副幹事長 川村悌弍

あけましておめでとうございます。
本年は卯年、飛躍の年です。お取引先の皆さまを始め当地域の皆さまとともに、大きく成長する年にしたいと存じます。
世間的には、いわゆる「WITHコロナの生活」が定着してまいりましたが、われわれ広告業界のビジネス的にはまだまだその影響が残るところであります。
昨年も苦戦を強いられた弊社は本年こそはと、特に「差別化」をキーワードに様々な取組にチャレンジしてまいりたいと考えます。
そして、ご同業各社さんと日頃は切磋琢磨しつつも時に一致協力し、「より元気で活気あふれる名古屋圏」の実現に貢献できるよう、微力ながら努めてまいる所存でございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

副幹事長 磯部真
株式会社 中日アド企画 代表取締役

副幹事長 磯部真

新年明けましておめでとうございます。
ロシアによるウクライナへの侵攻、世界的なエネルギーの高騰。安倍元首相が襲撃され急逝されました。 円は急落し、32年ぶりに1ドル150円を突破。コロナウイルスの脅威は随分衰えたとは言え、何と激動の2022年であったことでしょうか。
そのような中で、昨年弊社は50周年を迎えることができました。 「何かおもろいことないか」を行動原理に猛進してきた50年。 ようやくこの行動原理を体現する社員も増え、PFI、サーキュラーエコノミー、クラウドファンディング等の地域に密着した事業が次々と軌道に乗り始めました。 私自身が唱える広告業界の「地方創生」への想いを社員が共感し、取り組んできた成果と感じます。
おかげさまで、昨年「地方を元気にする男」を上梓させていただきました。 地方が元気でなければ、日本も元気にならない。 名古屋広告業協会各社の皆様と共に、愛知・名古屋を元気に、そして、日本を元気にすることを願ってやみません。

幹事 谷喜久郎
株式会社 新東通信 代表取締役会長兼社長

幹事 谷喜久郎

新年あけましておめでとうございます。
今年、令和五年の干支は「癸卯」。 「癸卯」年は、『寒気が緩み、発芽を促す年』という謂れがあるそうです。 芽吹きの年と云われた昨年の「壬寅」、そして今年の「癸卯」。 干支の謂れにあやかり、今年は飛躍と成長の起点となる年になってほしいと願います。
大広は、「我々は、企業と顧客と、社会を敬愛する」という企業フィロソフィーのもと、全てのステークホルダーと社会に貢献するマーケティング活動を今年も進めてまいります。 特に、全ての活動の基点となる顧客との対話を大切にし、傾聴と発話から顧客の本音『顧客価値』を見つけ解決することで、得意先との関係性を深め、社会に役立つビジネスを展開してまいります。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

幹事 吉川聡
株式会社 大広 名古屋支社長

幹事 吉川聡

明けましておめでとうございます。
今年の目標、個人として大きなものがある。 それは、剣岳再登頂である。高校でワンダーフォーゲル同好会に入って、最初の夏合宿で登った北アルプスの剣岳。 その姿かたち、稜線のお花畑、“カニの横ばい・縦ばい”と名付けられた岩場、美しい雪渓などすべてが私の中に強烈な記憶として残っている。 銀行カードなどの暗証番号はすべて「2998」。 剱岳の標高だ。(いつの間にか今は標高2999㍍になっている)その剣岳にもう一度登ってみたいのだ。 そこに立ちはだかるのが当時から20㎏以上増えた体重。剱岳に登る前のその壁を相当大きそうだ。

幹事 長谷川一泉
株式会社 中日NEXT 代表取締役

幹事 長谷川一泉

新年あけましておめでとうございます。
「働き方」を特集した書籍を書店の店頭で見かけることが多くなりました。 社会や経済、人々の価値観が大きく変わりつつある中で、「どんな進路を選び、技能を身に付ける必要があるのか」・「生きがいを大切にしながら働くには、どんな働き方が良いのか」・「自分らしく、楽しく働くには、どうすればいいのか」を考える人々が増えているのだと思います。 今後人財の流動性はますます高まるでしょう。 一つの企業の中でしか通用しない技能でなく、高度な専門技術を磨き、「自分ブランド」を築くこと、イノベーションを生む多様性に富んだ人的ネットワークを持つこと、更にストレスのない友好な人間関係を創り、育むことが創造的に社会に関わっていく重要な要素になるといいます。 自らのキャリアを社会が導いてくれた時代から、自らのキャリアを主体的に切り開いていく時代になりました。 働き方の選択肢が増えることは、自らの生き方を自分で選択・判断し、決断していく力が不可欠になるということなのだろうと思います。

幹事 清谷典生
株式会社 電通 中部ビジネスプロデュース局 HRMディレクター

幹事 清谷典生

新年明けましておめでとうございます。
名駅新オフィスでの初めての仕事始めです。
ジブリパークの誕生、2023年NHK大河「どうする家康」、2026年の愛知・名古屋アジア競技大会、名駅・栄の再開発など、この地区の話題は事欠きません。 DMCはこのエリアの価値創造に何かできるかな。 今までの自分を、今までのDMCを、今までの名古屋を超えて行きたいな。
Beyond Imagination!

幹事 石川正裕
株式会社 電通名鉄コミュニケーションズ 代表取締役社長

幹事 石川正裕

新年明けましておめでとうございます。
サッカーワールドカップ、世界の熱狂ぶりは凄かったですね。 小学生から大学までサッカー一筋の私にとっては4年間で最も歓喜するスポーツイベントです。 リーグ戦を戦っている最中の日本選手たちのインタビューでは皆、口を揃えたように『新しい景色を見たい』と意気込みを語っていました。 本当にスペシャルな景色を見させていただきました。

社会人となり自身のスポーツはゴルフがメイン。中部エリアの恵まれたゴルフ環境に毎年感激を新たにしております。 そして、自分なりの『新しい景色』を求めて工夫することが楽しみのひとつです。 ドライバー上達が今年の目標です。

今年も常に前進の精神で、皆さんがハッピーに活力をもって生きていく社会、その一翼を担っていければこんな幸せなことはありません。 そして様々な方々とのコミュニケーションを通して日々精進し、「人間力」を更に一ランク引き上げていきたいと思っております。
本年も皆さんと『新しい景色』をご一緒できることをとても楽しみにしております。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

幹事 桑野剛
株式会社 博報堂 中部支社 支社長

幹事 桑野剛