名古屋広告業協会

本協会は、広告業界の発展、向上と会員各社共通の利益の向上、安定を計るための諸施策の立案、検討、およびこれに基づく諸種の事業を行うとともに、会員各社相互の親睦を計ることを目的としています。

事務局

〒450-6429
愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング29階(株)電通中部支社内
TEL:052-756-2224/FAX:052-756-2110

沿革

1955年

「木曜会」結成
名古屋における広告代理店業界の有志を結集した集まり。
昭和27、8年頃に自然発生的に生まれた、小規模かつ不定期の懇談会。

1962.6

「名古屋新聞放送広告業者協議会(名広協)」発足
マーケティングと広告を専門の業とする、すなわち総合広告代理店を目指す12社でスタート。
6月28日に創立総会。なお、「木曜会」は案内広告を主力とする代理店を中心に引続いて存続。

1968.3

「木曜会」から「愛知広告代理業者会(愛広協)」へ改称

1972.12

「愛知広告代理業者協会」から「中部広告代理業者協会(中広協)」へ改称
昭和47年8月「中部広告協会(昭和28年6月発足)」の社団法人化が成り、その名称の頭に所在県名が必要となった為、“愛知”の頭文字を広告協会に譲渡。

1984.6

「名古屋新聞放送広告業者協議会」から「名古屋広告業協会」に改称
6月1日より新名称実施。

1985年1月

「名古屋広告業協会」と「中部広告代理業者協会」が合併し、新生「名古屋広告業協会」が発足
1月1日発足。1月28日、総勢42社による臨時総会および合併記念パーティーを開催。

役員一覧

幹事長
  • 宮武 康太郎 (株)電通 中部支社長
副幹事長
  • 川村 晃司 (株)三晃社 代表取締役社長
  • 磯部 真 (株)中日アド企画 代表取締役
幹事
  • 磯部 元秀 廣告社(株)中部統括部 統括部長
  • 谷 喜久郎 (株)新東通信 代表取締役会長兼社長
  • 長谷川 一泉 (株)中日NEXT 代表取締役
  • 吉川 聡 (株)大広 名古屋支社長
  • 清谷 典生 (株)電通 中部支社 ビジネスプロデュース局 HRM ディレクター
  • 石川 正裕 (株)電通名鉄コミュニケーションズ 代表取締役社長
  • 桑野 剛 (株)博報堂 中部支社 支社長
会計監査
  • 渡邉 正道 (株)産通 代表取締役社長
  • 野瀬 伸明 (株)中部日本広告社 代表取締役社長
事務局長
  • 山田 晃 (株)電通 中部ビジネスマネジメント室 コーポレート1部長

令和2年8月末現在

組織図・各委員会

組織図

運営委員会 各委員会活動全般の推進・幹事会の補佐・正副委員長会議等の実施。

広報委員会 協会ホームページの運営・管理を軸とする広報活動の実施。

教育セミナー委員会 会員各社社員の質的向上のための教育セミナー・月例会の実施。
● 毎年6月に、会員社の新入社員を対象に、講師を招き「新入社員教育セミナー」を開催。
● 月例会(2月・3月・4月・6月・9月・10月・11月)を開催。

クリエーティブ委員会 会員各社のクリエーティブの質的向上のための研究会等の実施。
● クリエイター・オブ・ザ・イヤー受賞者を招いてのクリエイティブ研究会等を企画・実施。

広告価値向上委員会 広告価値を高めるための啓発活動「広告価値向上キャンペーン」の実施。
● 年に1回、「広告価値向上キャンペーン」作品を会員社より募集し、新聞各紙(中日・朝日・毎日・読売・日経等)、名鉄電車中吊広告、ポスター、協会ホームページにて展開。

会員交流委員会 会員各社相互の親睦を計るための催事(ゴルフ会・忘年会・懇親パーティ)、その他協会の目的達成のため必要な事業の実施。

入会について

入会資格 名古屋に本店または支店をもつ広告会社(法人)

入会金 30,000円

会費 個人会員1名当たり、月額5,000円

入会方法 名古屋広告業協会会員社2社より推薦を受けた上で、入会申し込みを行ってください。
入会申し込み後、幹事会にて承認を得ることで入会完了となります。